ナナの爪・・・続編

2009年07月09日 ナナの爪・・・まだまだ痛いです。
当時は、外見からは解りませんでしたが、最近は僅かに爪の付け根から液が滲み出て来る様になったので、今日抜き取る事にしました。
最初は歩き方では、不自然に思いなかったのですが、最近はやや後足が弱々しいので、再確認すると一本が折れて無くなって居て、他の爪もぐらついて居ました。
前足が良くなって力が付いてきたら、後足の爪も抜き取らなければ成りません。


右前足の外側の爪が、だいぶぐらついて居ます。滲み出た液もこびり付いた状態です。
d0151813_1556080.jpg


可成り痛がりましたが、下側に押す様に抜くと、スポッと言う感じで意外と簡単に抜けてしまいました。
d0151813_1556276.jpg


抜いた後の右前足、液が滲み出ていた事も有って、血が出る様な事も無く奇麗に抜けました。
d0151813_1557688.jpg


左前足の外側の爪は、前回抜いた痕です。白く爪が生えて来て居ます。
左前足の内側の爪も、ほんの少しですが液が出て居ますので、抜けるかと弄って居ると、隣の爪が抜けてしまいました。
d0151813_15573749.jpg


何も手を加える事無くぬけた、左前足の内側から2番目の爪、外見では抜ける感じでは無いと思っていたのですが、自分が思うよりも全体に悪い状態です。
内側1番目の爪は、ぐらついては居ましたが、触ると結構痛がって居ましたので、抜いた時は出血が有りました。
d0151813_1558172.jpg


今日抜いた、左前足の爪です。
d0151813_15585319.jpg


3本の爪を抜いた前足の状態です。
左前足の狼爪も若干ぐらついて居るようです。
d0151813_15592265.jpg


後足は、前回触って確認した時は、痛がらなかったので大丈夫と思ったら、改めて今日確認したら、後足も折れていました。
右足の4本が全部折れている様です。左足は2番の爪は折れて無くなって居ました。3番の爪はぐらついて居る状態です。1番の爪は触っても痛がらないので、大丈夫の様ですが4番の爪は触ると少し痛がるので、折れている様です。
d0151813_16535974.jpg


最初の触診では、これ程に酷いとは思わなかったです。前足だけとの思い込みから、最初に抜いた時の痛さから、全部の足を触ると痛がって居たものと思い込んで居たので、全部の爪が悪いとは思いなかった。
ナナが我慢強かったので、甘く見過ぎていました。
飼い主の注意不足でナナには痛い思いを、もう暫く続けなくては成りません。

全部の爪に影響が有る様な踏まれ方をしたのに、骨折をしなかったのは不思議な位です。
ラブ達も冷静な時は、布団に潜っている状態でも、上手にイタグレが潜っている部分は避けて歩いて居るのですが、一端はしゃぎモードにスイッチが入ると、廻りに対して無防備に成ってしまうのが玉に瑕です。
年寄りのラブが居た時は寝室では暴走は無かったのですが、ここ続けて年寄りが亡くなった事も、取締役が居ないから若いラブ達が暴走するのかもね。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ
ブログランキングに参加しています。お手数ですが、ポチッと一押しお願い致します。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
by oriens-dog | 2009-07-09 18:09 | イタリアン・グレーハウンド

我が家では現在、ナナと言うイタグレを飼って居ます。画像を主にしたアルバム形式で綴って行きます。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31